ティーチャートレーニング

ヨガインストラクター継続教育トレーニング



次回の日程は近日発表



充実した濃密な内容になっています、お見逃し無く!

Continuing 〜 継続する
Education 〜 教育
Training 〜 養成


日本初!ヨガインストラクター、そしてこれからヨガインストラクターになりたい方のための継続教育トレーニングコース!



ヨガ・ティーチャートレーニングをすでに修了されているヨガインストラクター、これからヨガインストラクターになりたい方、ヨガが大好きでもっとヨガの知識を深めたい方々のためのスペシャルカリキュラムです。今までのティーチングスタイルがより一層、向上できるように、マスター・ヨガティーチャーのもとでトレーニングを積んだ講師陣がガイドして行きます。



Yoga Spot 認定の当コース、CET: Continuing Education Training は が3年に1度ヨガアライアンスに申請が要請される継続教育の単位 Continuing Education Hours として申請可能です。

RYT (Registered Yoga Teacher) としてヨガアライアンスに登録済みのヨガインストラクターはこの継続教育トレーニングの20時間をヨガアライアンスの継続教育の単位 Continuing Education Hours として申請可能です。

また、将来的にYoga Spotでヨガアライアンス認定の200時間もしくは300時間のティーチャートレーニングを受講の際に50時間の単位としてカウント可能です(但し2年以内)。


私達が日々ヨガスタジオで実践しているヨガは呼吸を意識しながら身体で様々なポーズ、アサナをとっていく方法、ポーズを練習するヨガをハタヨガと言います。

知的なポーズの構成(シークエンス)と呼吸を深く意識しながらゆっくりとポーズを1つ1つ丁寧に行うハタヨガは特にヨガ初心者向けクラスや基本的なヨガクラスに最適なプログラムです。



講師:OMkari, Sundari + ゲスト講師

要予約:

{日程}


{スケジュール&内容} 全6回:20時間


“プラーナの動きとエネルギーのアラインメント”

全てのヨガのプラクティス、アサナ、プラーナヤマ、バンダ、ムードラ、チャンティングもプラーナ、生命のエネルギーの動きに基づいています。筋肉と骨の動きだけではヨガのポーズを行う事は不可能です。筋肉と骨の動きを司るプラーナを意識し、プラーナに導かれる事でヨガのアサナ(ポーズ)が可能になり、各人のヨガの練習とヨガティーチャーとしてのティーチングスタイルが進化します。この継続トレーニングではレクチャーと実践を通して下記を学び、ヴィンヤサフローヨガの理解を深め、上質なティーチングスキルを身につけて行きます。



1回目:6:00〜9:00pm

5つのプラーナ/パンチャ・ヴァーユとその動き、
ポーズにおいてのエネルギーのアラインメント(整列)、エンボディーメントプロジェクト

 

2回目:4:00〜8:00pm

チャクラ&ナディ

 

3回目:6:00〜9:00pm 

人体五層論&エネルギィー体 

 

4回目:4:00〜8:00pm

ヴィンヤサフローヨガ:クラスのテーマに合う正しいシークエンスの組み方

 

5回目:5:45〜9:45pm 

月のフローヨガ:陰ヨガと瞑想

 

6回目:4:00〜6:00pm

コースのまとめ、ディスカション、Q&A、チャクラ・ヴィンヤサフロー(アグニ・ナマスカーOR ハート・ナマスカー)




内容を詳しく読む





{受講料}
48000円
{お得な早割 〜 11月8日までお支払い完了の方} 

55000円 {11月8日以降}

{再受講}
1回:6500円(再受講のみ単発参加可能)
全コース:39000円

継続教育トレーニング(CET)へのご質問·お問い合わせはメール、電話にてお気軽にご相談ください。




自己の更なる成長のため、ヨガインストラクターとしての成長のため、そして生徒にさらに豊かな情報を与えるための継続教育トレーニング。

目的は以下の通りです:

•ヨガとその伝統についてより深いレベルの理解を得る
•ヨガを教える技術と能力を洗練し、高める
•ヨガの基礎知識を強化する
•生徒や周囲にインスピレーションを与える
•講師と生徒、双方のためにより深く高い教育規格を勧めることで、あなた(参加者)のヨガの
 実践を生活の中に活かし、社会のため、生徒のために役立たせる
•ヨガインストラクターとしての技術のブラッシュアップ
•ヨガインストラクターとしてさらなるステップアップを目指す

継続教育はヨガの実践と指導(教育)に欠かせません。それはあなたの成長を決定するインプットであります。このトレーニングはヨガインストラクターにその人の指導(教育)レパートリーと本人の実践やヨガに対する理解を深めることを助ける付加的な技術、実践と情報を提供することを目的としています。

ヨガの道は途切れることなく続くものです。その教えに対しては毎年研究と研鑽に時間をかけることが欠かせません。実践を深めるためには毎年集中した指導を受けることも必要です。このコースでは “継続教育”の一環として実践や講師陣からの直接指導を含め、内容を徹底的にカバーします。

ヨガの経験は実践を通じてあなたの中に書き込まれます。哲学や実践の技術面の研究は生徒のマインドをその対象に没頭させ、知性が動くよう勇気づけるように働きます。それにより自身のマインドがヨガへ没入、同化し大きな理解を通じて実践の有効性が向上するのです。

これがその人の指導(教育)資質を高め、溌剌とした状態に保ち、教育を継続することができる進行中の上級コースの本質です。

ヨガアライアンスや本格的なヨガスタジオは成長の一部として、また教育者としてその最先端に触れるために継続教育コースへの参加を要請します。Yoga Spot 認定の当コース、CET: Continuing Education Training は3年に1度ヨガアライアンスに申請が要請される continuing education hours として申請可能です。

あなたの成長と発達をまず、第一に置きましょう。それには何らかの継続的なトレーニングに参加することが欠かせません。義務や規定からではなく、純粋な真心や興味心から参加される事を願っています。

ヨガインストラクターとしての技術のブラッシュアップ、さらなるステップアップを目指している方、ヨガの知識を深めたい方、基礎知識を強化したい方、ヨガインストラクターになるため勉強を始めたい方、ヨガが大好きな方、このコースでしっかり、正しいヨガの知識を身につけ、基礎知識を強化し、自身のさらなる成長へと前進しましょう! 


Vinyasa Flow Teacher Training 2007




Copyright(c) 2006-2012 Yoga Spot All Rights Reserved.